よくある質問

どんなドクターがロボットを診てくれますか?

ロボットに関連する業界の技術者の方が修理内容によって、適任者が担当致します。
スキルとして制御基盤開発者、機械設計技師、材料技師、システムエンジニア、プログラム開発者、等さまざまなジャンルのエキスパートがあなたのロボットの修理を担当いたしますので、ご安心してご連絡下さい。

昔に買ったおもちゃのロボットも修理をお願いできますか?

古いロボットの場合、修理に必要な部品が調達できなかったり、図面がなく、故障箇所の特定が難しいことがあります。
そうなりますと、必ずしも修復ができない可能性があります。
ご了承下さい。

モーション作りがうまくいきません。

どのようなモーションを作ろうとされているのかわかりませんが、最初はうまくいかず、バランスがとれずに転倒してしまうこともあります。
市販キットの場合、サンプルモーションを1行ずつ再生してみて、動きの流れを参考にするのが良いでしょう。
ロボットにさせたい動作をまず自分の体でやってみて、一連の動作をコマ送りで考え、各1コマ1コマをロボットにモーションの1行1行として作成するのもひとつのやり方です。

ロボットを買いましたが、うまく組み立てられません。

ロボットの組み立ては時間がかかる事もあります。小さなネジを百箇所以上とめなければならないものもあり、配線など慣れない作業も必要となります。
ですが自分のロボットを自分で組み立てているという醍醐味は貴重な経験だと思います。
ですから、根気よく組み立ててみることをお勧めします。
それでも組みあがらないときは、遠慮なくご相談下さい。

市販キットを改造したロボットも修理していただけますか?

市販の部品で構成されているロボットに関しては、修理は可能と思われます。ロボットの仕様をご説明下さい。診断させて頂きます。

ロボットを診ていただきたいのですが、遠くて直接伺うことができません。

まずはロボットの状況を「診療申し込み」より入力下さい。関節の動きがおかしい、歩けていたのに歩けなくなった、ヘンな匂いがする、など、気付いた点をより細かく説明下さい。
文面による一時診断もできるかと思われます。